風俗情報「アソビーノ」福岡TOP > 体験記・福岡 > 福岡デリヘル「ナチュラルエイト」みるく


体験記

福岡デリヘル、デリバリーアロマ、トクヨク/ヘルスの体験レビューが激アツ! 毎回、アソビーノ記者が人気のお店に潜入取材!生々しいオリジナル風俗体験レビューでプレイを紹介する「潜入!体験記」!! 巨乳娘に痴女、M女、超テクニシャンから激ビンカン潮吹きクジラGALまでetc…遊ぶ前にチェック!!!

福岡デリヘル「ナチュラルエイト」

みるく
25歳/T151B80(B)W56H80
TEL:092-532-3232
※画像をクリックすると拡大表示されます

極上すぎるスレンダーボディーを堪能!!
感じまくる艶姿に興奮すること間違いナシ


GW後で懐具合は寂しいが……
どうしてもスッキリしたいのです

大型連休も終わり、いつもの日常が始まりました。

しかし、休みでたるんでいた精神はまだ復活の兆しがありません。

やはり、フーゾクで心身ともにリフレッシュしたい!

そう思うのは当然のこと。でも、連休中の散財で懐具合が心許ないのです。

とはいえ、遊ぶ気マンマンになってしまったカラダを我慢させることは、もはや不可能。

なけなしの貯金を崩し、快楽の渦へと飛び込むのです!

そんな訳で、今回はスレンダー美女を隅々まで堪能する予定。

アソビーノで検索し、イロイロと吟味した結果、福岡デリヘル「ナチュラルエイト」のみるくさんを指名することに決めたのです!

色白なお肌もステキ。

ちょっと触れるだけで即座に反応!!
正直なカラダをトコトン味わいまくる

そして、待つこと約10分。

「こんばんわ~」の声とともに到着。

小柄でキュート、スラリと伸びた脚が印象的だ。

ウエストもキュッとクビレている。早く洋服の下が見たい。

なので、早々にお風呂へとエスコートする。

うーん、乳首の色もキレイな桜色。

愛でるポイントがまた1つ増えた。

イロイロと楽しみだ。

肌もシルクのように白く、手触りもイイ。

「あ、あっ、くすぐったいです……」と身をよじりながら、私の手から逃れようとする。

いつまでも触っていたい。

ダメと言われると余計に意地悪したくなる。

「もう洗いにくいですよ~」

口では嫌がりながらもカラダは反応している。

乳首がツンとしているのがその証拠。

巨乳も好きだが、ちっぱいも好きだ。

今までの経験により、後者の方が感度良好。

乳頭をコリコリと入念に愛撫する。

「あ、あん♪」

可愛いお口から艶っぽい声が漏れ始めてきた。

徐々に責めを強めていく。

あくまでも優しくを心がける。

「そ、そんな風にされると……もう……」

さて、どうなる?!

スパートをかけた結果。

「あっ、ああっ……」とささやくような声とともに彼女の全身がビクッと震えた。

「もう! まだ風呂場なんですよ~」と赤面しながら言う。

恥じらう表情に萌えてしまった。


溜めに溜めたモノを大放出!!
身も心もすべてが満たされる

ベッドへ移動し、待ち望んだイチャイチャタイム。

彼女の方もスイッチが入っていたのか、想像以上に情熱的だ。

フェラもかなり濃厚で、舌をねっとり絡めてご奉仕。

お返しのクンニは、いつもよりも気合を入れて。

「そ、そんなに舐めないで……恥ずかしいです……ああっ……」と手で顔を隠す彼女。

そう言いながらもカラダの方は正直な反応を示している。

ふと、小柄な子はスケベという説が頭の中をよぎった。

そして、盛大に達したのを確認した後、攻守交替。

荒ぶった肉棒を喉奥まで咥え、チュパチュパと音をたてながら舐めてくる。

先ほどのお返しとばかりに責めてくる。

騎乗位スマタへと態勢を変え、クチュクチュ音を伴った前後運動がはじまる。

音がたつということは、アソコが天然ローションでグッショリ濡れている証。

ここで、1回目の発射を迎える。

「連戦ですね(笑)」

衰えないムスコを見て、微笑む彼女。

そして、2回戦へ突入。

気合を入れて臨んだが、2発目はあっさりと放出。

もう少し頑張れたかも……と思わないこともなかったが我慢できなかった。

スッキリすることはできたが、懐具合が微妙な感じなってしまった。

明日からどうしよう……得も言われぬ不安のなか、賢者タイムを迎えることに。

とりあえず、最高だったので気にしないことにした。

今回体験したコース…70分1万3千800円(指名料2千円)

潜入を終えて…
衝動的にオーダーしましたが、呼んで正解でした! 若くてスタイル良しの美女とラブラブできたので大満足。懐具合はヤバいけど、気持ちは晴れ晴れ!! そのかわり、明日からは節約生活に突入なのです。
記者:Y.S

潜入体験記TOP(PC・スマホ版)
潜入体験記TOP(モバイル版)

1  2  3  4  5

このページのトップへ